2014年03月18日

雲仙普賢岳と眉山

 今度の試作品は、雲仙普賢岳と眉山です。
 ご存知のように、1991年の溶岩ドームによって、頂上部に平成新山(1483m)ができあがりました。これはそれまでの頂上であった普賢岳(1359.3m)より高いです。でもやはり「普賢岳」と呼んだほうがピンときます。
 平成新山の頂上は東西に細く突き出しているのですが、これが熊本方向から見ると、鬼の角のように見えます。模型を作るにあたって、これはぜひ再現したかったです。特徴のあるこの形も、積層モデルでは、わずか0.5mmほどの紙片一枚になりました。アップした画像の「コレ」の部分です。


DSC07645.JPG
南東部から

DSC07649.JPG
北側から

DSC07647.JPG
ケースにいれたところ

DSC07646.JPG
そして、頂上部の「鬼の角」

posted by ほしうさ at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 試作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90722401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック